食器買取業者徹底比較!

マイセン買取でおすすめはここしかない!
マイセンを最も高く売れた食器買取業者を紹介します!

マイセン買取におけるおすすめの食器買取業者。

マイセン買取におけるおすすめ食器買取業者

数あるブランド食器の中でも【マイセン】の食器買取に関して福ちゃんがおすすめできる理由をご紹介します!様々な買取業者にブランド食器マイセンの買取を依頼し、査定をしてもらった実体験を基に選んだ食器買取業者です!
私はマイセンを高く売りたい場合は食器買取福ちゃんを強くおすすめします!!!


マイセン買取で【食器買取福ちゃん】がおすすめな理由

マイセン買取であれば、食器買取福ちゃんしかないとまで言えます! 実際にマイセンの査定価格は、安い業者であれば倍以上! 高い価格を付けてくれる食器買取業者と比べても、2割から3割程高い買取価格でした♪

私はマイセンの買取で「ブルーオニオン」「ブルーオーキッド」「マイセンクリスタル」「波の戯れ」といった代表シリーズを中心に、マイセングラスやカップ&ソーサ―など食器の種類も問いません。 ブランド食器のマイセンであれば、数十という食器買取業者と比べてもどこよりも高価買取してくれました!

また、マイセンの買取に強いからこそ多少状態が悪いものでも良い価格で買い取ってくれるところもお勧めポイントです!
マイセン買取ならば食器買取福ちゃんが断然おすすめだと自信を持って言えます!!

マイセン買取に関する福ちゃんの口コミを紹介

マイセン「ブルーオニオン」などを買取してもらいました

マイセンの食器の買取で相見積もりを取った中で、福ちゃんの買取価格が一番高額でした。地元の買取業者や食器専門の買取業者など、何社も見積もりを取ったのですが、どこもなかなか満足できる買取価格を出してくれませんでした。福ちゃんは買取業者の中でも評判が良いだけあって、買取金額も相場通りの高価買取、やっと安心してマイセン食器を手放すことが出来ました。
本社と連絡・連携しながら買取価格を決めてくれるので、査定員の独断で買取価格が偏ることもなく、そういった点を見ても信頼できる業者だと思いましたね。 マイセンは元々が高価な食器だということは知っていたので、買取業者を厳選し、そして福ちゃんに依頼したことが買取成功のポイントだと思いました!

マイセンのティーセットを買取してもらいました

マイセンのティーセットを福ちゃんに買取してもらいました♪対応や買取価格・査定の態度など細かいところなどを見ても、とても良い買取業者だと感じました。
他の食器買取業者にマイセン買取を依頼したときは、査定できる人間がいないだの、偽物かも知れないのでこの買取価格しか出せないとやんわり言われたり、あまり良い気分になれませんでした。福ちゃんは親切で丁寧な査定員さんで、上記のようなことも一切言わず、買取価格も非常に高額でした!査定員の方も、個人的には食器の中でマイセンが一番好きとだそうで、話も盛り上がりました♪

マイセン食器のコレクションを買取してもらいました

これまで大切にしていたマイセンの食器ですが、娘家族との同居に伴って手放すことにしました。元々の価値が高く、かつ今まで大切にしてきた食器ですので、買取業者選びを厳選し、最終的に福ちゃんを選びました。査定も的確で買取金額も良く、買取費用や出張費などといった変なお金もなく完全無料で利用できたので、良心的な業者さんだと思いました。 査定士さんも優しい方で、私の体調や話の速度など、しっかりと考慮していただけ、とても嬉しかったです。
買取金額の方は、新生活で大切に使わせてもらいたいと思います。今までコレクションしてきた思い出深いマイセンだったので、福ちゃんに担当していただけて本当に良かったです。


福ちゃんが買取しているマイセンシリーズ例

  • ブルーオニオン

    「ブルーオニオン」とは、中国写しの染付の技法を生かしたマイセンを代表する有名シリーズです。元々はザクロが描かれていましたが、西洋ではザクロは馴染みがなく、代わりにいつしかタマネギが描かれるようになっていたことがブルーオニオンの由来です。
  • アラビアンナイト

    「アラビアンナイト」とは、”千夜一夜物語”を題材にしたマイセンの高級シリーズです。24金をふんだんに使用した豪華な絵付けや、現代マイセン5人組のハインツ・ウェルナー氏が担当した妖艶なデザインが人気で、食器買取においても高額が期待できます。
  • インドの華

    「インドの華」とは、マイセンの"シノワズリ(東洋趣味)"の中でも定番シリーズに位置する柄です。インドの華には、通常の「枝付き」と呼ばれるタイプと、緻密な描き込みで縁に金彩があしらわれた「リッチ」という2種類のタイプが存在します。
  • 波の戯れ

    「波の戯れ」は、マイセンのザビーネ・ワックス氏がフォームを考案した、近代マイセンにおける代表作品です。波の戯れをベースに絵付けを施した作品も多く、その芸術性から高い評価を獲得しています。
  • マイセンクリスタル

    元々マイセン地方はガラス工芸が盛んな地であり、その高い技術と、食器ブランドマイセンの芸術性豊かな装飾が合わさったのが「マイセンクリスタル」です。ワイングラスやタンブラーなどの食器も数多く販売されていますが、一つ一つが職人による手作業にて作られるため、若干の趣の違いがあるのも味わいです。

当サイトを参考にマイセンを売った方からの声

初めまして。今回、マイセンを高く買い取ってもらえる買取業者を探している時に、サイトを見つけました。 本当かと怪しんでいましたが、査定は無料なので食器買取福ちゃんに査定を依頼してみました(笑)。 ですが、相見積もりをすると本当に倍近い値段で買い取ってもらえて驚きました。
良いマイセン買取サイトを教えて頂き、ありがとうございました!
突然のメールで失礼します。
このサイトで教えて頂いた、食器買取福ちゃんにマイセンの買取を依頼した者ですが、 あなたのおっしゃる通り、他の食器買取業者さんの2割程高い価格でマイセンの食器を買い取ってもらえました。
良い食器買取業者を教えて頂き、誠にありがとうございました。

ブランド食器マイセンについて

マイセン(meissen)は、西洋で初めて白磁食器の製造に成功した、歴史と伝統の食器ブランドです。西洋食器の白磁器の代表格でもあるマイセンですが、当初は和食器で非常に有名な伊万里焼の影響を受けている事はご存知でしたか?

かつて貿易によって東洋からもたらされた中国磁器や日本の食器は「白い金」とも呼ばれ、西洋では垂涎の的、まさに富の象徴だったのです。当時のドイツ・アウグスト王も漏れなく白磁食器の愛好家で、どうにか自国でも白磁の食器を作れないかと考えあぐねていました。そこで、錬金術師のベドガー氏を幽閉し、白磁食器の製造方法を数年間に渡って研究させ、苦難の末どうにか白磁の食器を完成させることが出来ました。

磁器工房はマイセンのアルブレヒツブルク城に作られ、これが名窯・マイセンの始まりになります。 マイセンのシリーズにも、当時の中国や日本食器の影響を受けた「シノワズリ(東洋趣味)」や「柿右衛門写し」といったデザインを数多く見ることが出来ます。

そして、マイセンと言えば、トレードマークの交差した2本の剣(双剣マーク)の窯印が有名ですね。 実はこのマークはアウグスト王の紋章であり、今に続くマイセンの原点を垣間見ることが出来ます。

更に、マイセンは全ての工程を手作業行う為、全ての品物が別物であると言う事も有名なお話しですね♪上に記した双剣マークにも”シュヴェルター”と呼ばれる、双肩マーク専門の絵付け師が存在しています。例えば、「アラビアンナイト」「サマーナイトドリーム」といったシリーズは、絵付け師によって微妙にペイントが異なることが魅力でもあり、好みの表情を探すことも楽しみのひとつとされています。

マイセンは白磁の透明感が比類がないほど美しい食器ですので、日常で飲む紅茶やコーヒーを注いでも非常に映える事から私も愛用しています♪

ページ上部へスクロール