食器買取業者徹底比較!

有田焼買取において最も高く売れる食器買取業者を紹介します。
ブランド食器有田焼の買取を検討の際に参考にしてください。

有田焼買取におけるおすすめの食器買取業者。

有田焼買取におけるおすすめ食器買取業者

数ある和食器の中でも【有田焼】の食器の買取で、おすすめ出来る食器買取業者を教えます!
複数の食器買取業者で相見積もりを取った結果、有田焼の買取において、最もおすすめ出来る食器買取業者です。
その他、ブランド食器や和食器に関するおすすめ食器買取業者に関してはこちらのトップページを御覧ください。


有田焼買取でおすすめは【食器買取福ちゃん】

有田焼の買取において一番おすすめ出来る買取業者は【食器買取福ちゃん】です!
私が実際に売った有田焼は皿や猪口、徳利や、状態の悪いものから良いもの、多少のアンティーク食器等ありましたが、有田焼の食器であれば、知識や対応・買取価格ともに、食器買取福ちゃんが一番良かったです! 買取価格は、他社と比べて倍以上も珍しくなく、高い買取価格を提示した食器買取業者と比べても3割以上は高い査定価格で買い取ってくれました!!
有田焼と一口に言えど価値はピンキリで、アンティークの有田焼ならば花瓶一つでも非常に価値が高い為、有田焼買取においてはきちんと鑑定できる食器買取業者を選ぶかで買取価格には大きな差か出ます!
酷いスクラッチの擦れや食器の欠けなど、売れるかな?と迷うような状態の有田焼の食器も、食器買取福ちゃんならきちんと査定してくれました。買取申し込み前の段階でも、きちんと食器の価値や状態について質問することが出来ましたし、口頭では伝わらない細かな点も、写真を添付したメールで簡単に尋ねることが出来ました。
写真問い合わせだと、ある程度の買取価格も事前に教えてもらうことが出来たので、売る・売らないの取捨選択も簡単に行うことが出来ました! 有田焼の買取ならば、食器買取福ちゃんが非常にお勧めです!!

有田焼買取に関する福ちゃんの口コミを抜粋

有田焼の椀などを買取してもらいました

実家の倉庫の老朽化で取り壊すことになり、中身の整理のために仕分けしていましたが、古い壺や焼き物、全く使っていない陶器の置物などが大量に仕舞われていました。割れ物が大半なので処分も大変ですし、買取で有名な福ちゃんに写真付きで相談してみたらすぐに出張査定に来てくれることになりました。査定料金や出張料もかからず完全無料とのことでしたので、ありがたく利用させてもらいました。査定員さんもとても親切な方で、査定もてきぱきと素早く、あっという間に仕分けが終わりました。
眠っていた一部の焼き物はアンティーク品として価値がつくものらしいですし、有田焼に至っては非常に価値の高い物だったらしく、とても高い買取価格になりました!福ちゃんが査定してくれなければ、まとめて有料の廃品回収に出そうと思っていたので…依頼して本当に良かったです!

有田焼の銘々皿揃などを買取してもらいました

昔に集めていた作家物の買取先を探していましたが、共箱などがない物も多く、高価買取は諦めていました。広告に惹かれて福ちゃんを利用してみたのですが、しっかり査定していただけて本当に驚きました。共箱や付属品などを紛失していても査定可能とのことでしたので信頼して任せましたが、担当してくださった方が瀬戸物や食器に詳しく、安心してお渡しすることが出来ましたよ。オークションにはそれなりに出回っている代の作品ですが、某有名作家の有田焼もきちんと評価していただけて大変満足致しました。

有田焼の皿などを買取してもらいました

親戚から貰った食器や引き出物、夫の骨董品趣味など沢山の要素が重なり、家にはいつも食器が溢れかえっています。少し減らそうと思って食器買取業者2社に相見積もりに来てもらいましたが、評判通り、福ちゃんの買取価格って結構すごいですね!ブランド食器やクリストフルなんかのカトラリー類、和食器まで見てもらえたので大変助かりましたし、作家物の有田焼と備前焼きは特に高く買取してもらえました!査定担当の方も丁寧な方で、柔軟に対応していただけて嬉しかったです。
有田焼の方は、買取が終わってから作家名で検索してみたのですが、相場を考えてもかなり高く買取して貰ったと思います。


福ちゃんが買取している有田焼の食器例

  • 酒井田柿右衛門

    「酒井田柿右衛門」とは、有田焼の有名な陶芸家で、初代は江戸時代に活躍していました。乳白色の濁手の上に赤絵を施した”柿右衛門様式”は、海外でも高く評価され、マイセンなどの西洋食器の礎にもなりました。
  • 今泉今右衛門

    有田焼の有名作家として知られる「今泉今右衛門」は、江戸時代より伝わる”色鍋島”の伝統芸術を今に伝えています。鍋島焼とは、有田の地で生産された食器の一種で、その豪華な作りから民間への流出は禁止され、主に大名への献上品や贈答品として使われてきました。
  • 源右衛門窯

    「源右衛門窯」は、今なお有田の地で活躍する窯元です。ろくろや絵付け、焼成に至るまで各分野に精通した職人を置き、品質に強いこだわりを持つ窯で、繊細ながらも力強い装飾に心打たれます。
  • 香蘭社、ノリタケなど

    有田焼は、日本の伝統に古く根付いた芸術作品です。有田焼は多くの窯で作られ、香蘭社やノリタケの取り扱い商品の一部でも有田焼の作品を見ることが出来ます。
  • 深川製磁

    「深川製磁」は、有田の地で今なお活躍する有田焼のメーカーです。1900年のパリ万博では最高名誉となるメダーユドールを獲得し、1904年のセントルイス万博においても金賞を獲得しています。宮内省御用達の有田焼としても知られ、デザイン・品質ともに高い評価を得ています。

当サイトを参考に有田焼を売った方からの声

私はお店で使っていた和食器を大量に買い取ってもらいました。
有田焼の食器が多かったのでこちらのサイトを参考にして買い取ってもらいましたが、状態の悪いものも含めて全て高く買い取ってもらえて良かったです。
このサイトを作って頂きありがとうございました。
こちらのサイトを参考にさせてもらいました!
有田焼の食器がいくつかあったので福ちゃんとスピード買取で相見積もり依頼をしましたが、本当に1万円ほど買取価格に差がでました♪
このサイトで食器買取福ちゃんの事を知れて本当に良かったです。
ありがとうございます!

和食器有田焼について

有田焼の定義とは、佐賀県有田町の周辺地域で作られた陶磁器の総称の事です。 つまり、有田町周辺で作られた陶磁器であれば【有田焼】を名乗る事ができるという事です。

和食器と言えば、和食屋さんや料亭で使用されそうな土の雰囲気の強い作品を思い浮かべがちですが、有田焼は透き通る白磁器を利用した作品が主流です。
これは有田町一帯では洋食器で主に使用される素材【磁石】の良質なものが産出されるからです。

有田焼といえば「酒井田柿右衛門」や「柿右衛門様式」が特に有名ですが、食器に詳しくない方でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 良質な磁石が多く産出される為、【和食器】でありながら【洋食器】の様な美しさをもつ作品が非常に多くみられます。
その白磁器としての美しさは、実際に海外の有名ブランド食器も参考にするほどの美しさです。

  • 有田焼リスト
  • 大皿
  • 徳利
  • 茶碗
  • 猪口
  • 徳利
  • 花瓶
  • 初代酒井田柿右衛門
  • 2代酒井田柿右衛門
  • 3代酒井田柿右衛門
  • 4代酒井田柿右衛門
  • 5代酒井田柿右衛門
  • 6代酒井田柿右衛門
  • 7代酒井田柿右衛門
  • 8代酒井田柿右衛門
  • 9代酒井田柿右衛門
  • 10代酒井田柿右衛門
  • 11代酒井田柿右衛門
  • 12代酒井田柿右衛門
  • 13代酒井田柿右衛門
  • 14代酒井田柿右衛門
  • 15代酒井田柿右衛門
ページ上部へスクロール