食器買取業者徹底比較!

ローゼンタール買取でおすすめの業者はコチラ!
ローゼンタールを高く売るならここがおすすめ!

ローゼンタール買取におけるおすすめの食器買取業者。

ローゼンタール買取おすすめ食器買取業者

数あるブランド食器の中でも【ローゼンタール】の食器に関して、食器買取福ちゃんがお勧め出来る理由を紹介します!様々な買取業者にブランド食器ローゼンタールの買取を依頼し、査定をしてもらった実体験を基に選んだ食器買取業者です!
ローゼンタールの食器買取を検討されているのであれば、私は福ちゃんがとても良かったです!

他にも、福ちゃんに対する「ブランド食器ローゼンタールの買取に関する口コミ」もピックアップして紹介していますので参考にしてください。


ローゼンタール買取で【食器買取福ちゃん】がおすすめな理由

私が売ったローゼンタールの食器は、スタジオラインとアイスブルーム、クラシックシリーズです。様々なブランド食器を大量にありましたので相見積もりはする予定でしたが、ローゼンタールは枚数もかなりあったので個別での査定価格も教えてもらいました。

その中で最も高くローゼンタールを売れたのが食器買取福ちゃんでした。価格差で言うと、ローゼンタールの食器のみでトータルで2割程度福ちゃんが高額でした。

そして、福ちゃんで良かったのは中古のローゼンタールの食器にもきちんと値段をつけてくれた事ですね。ほとんど使用していない綺麗な状態であれば大体の食器買取業者でも値段をつけてくれますが、状態が少し悪くなると無料、もしくは引き取りすらも断られる場合もありますので。

ただし、中古の状態があまりにもひどければ福ちゃんとは言え買取を断る場合もあるかと思いますので、私がしたように食器の買取買取申し込みの前に「これも売れますか?」とローゼンタールの中古食器の買取に関しても写真を送信して福ちゃんに質問・回答をもらっておく事で安心してローゼンタールの食器の買取に臨むことができますよ。

中途半端に食器が残っても邪魔なだけですので、全てきちんと持って行ってくれるだけでもとても助かりますし、事前に気軽に質問できたのは良かったです!
もし、ローゼンタールの買取をお考えならば、食器買取福ちゃんはおすすめです!

ローゼンタール買取に関する福ちゃんの口コミを抜粋

ローゼンタール「魔笛」などを買取してもらいました

引き出物などで貰い、眠ったままの食器を買取してもらいました。他にも2社で相見積もりを取る予定だったのですが、1社は自宅が出張買取の対象外だと断られ、もう1社は買取価格に納得できませんでした。食器などの買取で有名なので福ちゃんにも依頼しましたが、全国無料で出張査定を受け付けていて、かつ買取価格も満足できたので良かったと思いました。
査定担当の方も親切ですし、食器に関する知識も十分だったので良かったです。特に気に入っていたローゼンタールの魔笛という食器は価値も高くて、やっぱりお気に入りの食器が高く売れるのは嬉しいものですね。インテリアとして飾っていただけで使う予定もなかったですし、引っ越しも控えていたので買い取ってもらいました。

ローゼンタール「パピヨン」などを買取してもらいました

趣味でコレクションしていた食器類の整理で、買取福ちゃんを利用しました。実は食器の買取先って大抵はリサイクルショップで、専門的に査定してくれる買取業者ってなかなかないんですよね。食器も買取していますとは謳っていても、食器に対する知識が皆無で、買取価格も適当だったり。ですが福ちゃんはあらゆるジャンルの食器を買取してくれますし、査定の専門性も高かったので良かったです。
買取してもらった食器は、ミントンやローゼンタール、あと一部の備前焼などなど…それぞれジャンルも違う食器でしたが、どれも大満足の買取価格になりました。

ローゼンタール「スタジオライン」などを買取してもらいました

福ちゃんに依頼して良かった点は、まず食器の買取査定が丁寧だったことです。他の買取業者は食器をちらっと見ただけで、まとめて何円とかという雑な査定もあったので、一枚一枚しっかり買取価値を見定めてくれる福ちゃんは好感が持てました。きちんと査定するというのは買取業者にとって基本的なことだと思いますが、それが出来ているか出来ていないかで、こんなに心象が変わるのかと思いましたね。もちろん、買取価格も良かったですよ。


福ちゃんが買取しているローゼンタールシリーズ例

  • ロマンスホワイト

    細かなレリーフが美しい、ローゼンタールの白磁の食器が「ロマンスホワイト」です。デンマークの芸術家、ビョルン・ヴィンブラッドが手掛けたデザインで、繊細な美しさを有しています。
  • スタジオライン

    ローゼンタールが展開する代表的なラインが「スタジオライン」です。スタジオラインとは、その時々の著名な芸術家やデザイナーとのコラボで作品を生み出すスタイルが採用されており、かの有名なヴァルター・グロピウスのや、サルバトール・ダリとの作品が広く知られています。
  • クラシックローズ

    ローゼンタールの古典的な芸術様式を今に伝える「クラシックローズ」は、白磁に青色で描かれたバラが美しいシリーズです。他にもローゼンタールには、古典的な芸術様式を今に伝えるローゼンタールの代表ライン"クラシック"も存在します。
  • ヴェルサーチ

    イタリア製のブランド”ヴェルサーチ”と、ローゼンタールとのコラボレーション作品が誕生しました。それらはローゼンタールの「ヴェルサーチ」シリーズと呼ばれ、バロック装飾のモチーフが気品があり、食卓に豪華な印象をもたらします。
  • ブルガリ

    かつて、宝飾ブランドのブルガリとローゼンタールがコラボしていた品があります。もちろん既に廃盤となってしまいましたが、一部は希少価値が高い品として、食器買取でも重宝されるシリーズになっています。

当サイトを参考にローゼンタールを売った方からの声<

丁寧なサイトで、ローゼンタールを売れるお勧めの食器買取業者をおしえてくれてありがとうございました。
買取のコツなども拝見させていただきとても参考になりました。
サイトのおかげで安心して食器の買取を終える事ができました。
家の整理も兼ねて食器買取業者を探していましたが、あなたのサイトで福ちゃんを知れてとても助かりました。
中でも、ローゼンタールは使用したものが多く引き取ってくれるかすら心配でしたが、福ちゃんで全て買い取ってもらえてとても良かったです。
本当にありがとうございました。

ブランド食器ローゼンタールについて

ローゼンタールは1879年に「フィリップ・ローゼンタール」がドイツのバイエルン州にあるエアカースロイト城に絵付け工房を設立した事が始まりです。

陶磁器メーカーとして躍進し始めたのは設立してから12年が経った頃です。 1891年に良質な陶土が採れる地を探し、ドイツ磁器生産の中心地であるゼルプに工場を設立しました。
工場を設立してからは近代的な生産設備に加え、マイスター達の伝統的な技術が合わさり瞬く間にヨーロッパを代表する陶磁器メーカーとして急成長しました。

ローゼンタールの食器がここまで大きく飛躍した事には設立者であるフィリップ・ローゼンタールの個性が関係しています。 設立当初、ヨーロッパで有名な陶磁器と言えば、ヨーロッパでもっとも古い歴史をもつマイセンが代表でした。 その為、当時に生産されたほとんどの食器はマイセンの影響を強く受けていたのです。

マイセンの後を追って生産された食器は品質の高いものも多くありましたが、どれも似たようなデザインと雰囲気を持つものばかりだったと言われています。 だからこそ、フィリップ・ローゼンタールはマイセンを追いかけるのではなく独創的なデザインに強くこだわりを持ち続け、現在の様に確固たる陶磁器メーカーとして独創的な食器で大成功を収める事ができたのです。

ページ上部へスクロール