食器買取業者徹底比較!

九谷焼買取で最も高く売れる!
和食器の九谷焼を売るおすすめ業者を紹介します。

九谷焼買取におけるおすすめの食器買取業者。

九谷焼買取におけるおすすめ食器買取業者

このページでは【九谷焼】の食器に限定して、おすすめ出来る食器買取業者を紹介します。
ここで紹介する食器買取業者は【私が実際に査定してもらった20程の食器買取業者】を比較しています。 そして、このページでの評価基準は九谷焼の買取価格をはじめ、対応の良さや査定基準なども含めた総合的なものですので、「対応が良く、親切な買取業者が良い」といった場合でも参考になるかと思います。
九谷焼だけでなく、食器全般の買取においておすすめの食器買取業者はこちらのページで紹介しています。


九谷焼買取でおすすめは【食器買取福ちゃん】

九谷焼の買取で最もおすすめ出来る買取業者は【食器買取福ちゃん】!
九谷焼においては圧倒的に食器買取福ちゃんの査定員が詳しく、買取価格も満足なものでした!
私の場合は、とても安い食器買取業者と比べたら五倍以上変わり、高い買取業者と比べてもおよそ3割以上は高い価格で買い取ってもらえました。 皿や猪口、徳利など品物の種類や、有名作家の食器など問わず、【九谷焼の食器】であれば何でも査定してもらえましたし、九谷焼の置物なども買取可能とのことでした。

更に、古い九谷焼でも骨董品としてしっかり査定してくれたうえ、買取申し込みの前に電話やメールで「これ売れますか?」と質問することも出来るので、実際の査定もとてもスムーズに進めてもらうことが出来ました。 九谷焼の買取をお考えであれば、食器買取福ちゃんが非常にお勧めです!!

九谷焼買取に関する福ちゃんの口コミを抜粋

九谷焼の徳利・御猪口などを買取してもらいました

田舎の実家の片づけで福ちゃんを利用したことがあります。その時は古い食器類や工芸品などを買取してもらったのですが、古い食器って結構高く売れるんだなと驚きましたね。祖父の趣味で、良い焼き物や九谷焼などが集まっていたらしく、買取価格も数万円単位になりました。査定担当の方も親切で、査定当日にちょっと母が風邪気味になってしまったんですが、常に気遣いながらゆっくり進めてくださいました。評判が良い買取業者さんなので期待していましたが、柔軟に対応してくれますし買取価格も高く、想像以上に親切でした。

九谷焼の茶碗などを買取してもらいました

引っ越しが決定しましたが、不要な食器類が多く、かつ梱包も大変なので福ちゃんの出張買取を利用しました。最初はノリタケやベルリンなどを買取してもらう予定で出張買取に来てもらったのですが、担当の査定員の方がテキパキ査定してくれますし、あれもこれもと欲張って何でも査定してもらっちゃいました(笑)昔から眠っていて一度も使ったことのない九谷焼の茶碗にかなり高い買取価格がついて驚きました!骨董品として価値があり、詳しい方なら我先にと欲しがるような逸品だったそうです。買取価格も、査定担当の方おひとりで決めるのではなく、本社と連絡を取りながら最終決定してくれる点も良かったです!正確な買取価格を追求されている、良い買取業者さんだなーと感じました。

九谷焼食器のコレクションを買取してもらいました

昔に地味ながらも飲食店を経営しており、使う食器にもこだわっていました。特に料理を乗せるだけでなくインテリアとしても食器を使っており、店じまいして長い現在も、捨てられない一部の食器が残っています。 ですが息子夫婦との同居に伴い、荷物を減らし、少しでも資金の足しになるならと買取を検討しはじめました。買取業者2社で見積もりを取り、高い買取価格の方に売却しようと考えていましたが、福ちゃんは対応も良く丁寧で、買取価格も高く、好印象でした。 観賞用として自腹を切って購入した作家物の九谷焼などは特に高く評価していただけ、長年の思いが報われた気持ちになりました。


福ちゃんが買取している九谷焼の食器例

  • 須田青華

    九谷焼の窯元「須田青華」は、特に染付の食器に定評があり、美しい藍色の九谷焼作品を数多く創出しています。明治39年に開かれたとされる菁華窯は、かの有名な芸術家・北大路魯山人も訪れ、その手ほどきを受けた場所としても知られています。
  • 陶筥

    陶筥とは、蓋つきの陶器の箱のことを言います。ですが、その役目は箱としてだけに留まらず、各窯の趣向を凝らした造形から、芸術品としても重宝されるようになっていきました。九谷焼からも陶筥は数々創出されています。
  • 竹隆窯

    九谷焼の産地として知られる石川県小松市に「竹隆窯」はあります。沢山の展覧会で高い評価を獲得する一方で、九谷焼を基として沢山の会社・企業と新しい作品づくりもされており、枠にとらわれない九谷焼の魅力を発表しています。
  • カップ&ソーサー

    日本の石川県で生まれた九谷焼は、古くから造形の美しさが高く評価されていた焼き物でした。明治時代に入ると海外への輸出品として人気が出るようになり、1873年のウィーン万博出展を皮切りに、西洋の技法と融合させた九谷焼作品も作られるようになっていきました。
  • 茶碗・茶道具

    江戸時代の初期頃に鉱山開発によって陶石が発見され、加賀国大聖寺藩の初代藩主で、かつ茶人としても知られた前田利治が九谷焼を創始したとされています。そのため、九谷焼の歴史の中では多くの茶道具も作られていきました。

当サイトを参考に九谷焼を売った方からの声

店を閉めるに当たり大量の九谷焼の処分に困っていました。
このサイトを見つけもしかしたらと思い、あなたがお勧めする食器買取福ちゃんにお願いしてみたら見事に全ての九谷焼を買い取ってもらう事ができました。 処分するつもりがお金にも変わってとても助かりました。
本当にありがとうございました。
九谷焼の食器を高く売る事ができました!
このサイトであなたが食器買取福ちゃんを教えてくれたおかげです!
食器買取業者を探している友達にも絶対に教えてあげようと思います!
突然のメールでしたけど、他の方も送っているようでしたので送らせてもらいました! ありがとうございました!

和食器九谷焼について

九谷焼とはノリタケの様に特定のメーカーが作成した食器ではなく、特定の地域で作られた食器の総称です。 その特定の地域とは、石川県の金沢市、小松市、加賀市、能美市の事を指します。
そして、九谷焼の大きな特徴は、色絵の彩法です。 この彩法とは「呉須」という藍青色で線を描き、五彩という赤・緑・黄・紫・紺青の五色で絵具で厚く盛り上げて塗るという方法です。
磁器のホワイトカラーに、このような彩法で絵付けをする為、非常に五色の色が映え、力強い作品が多く生産されます。

そして、、九谷焼で面白いのは、宮本屋窯や小野窯など次々と新しく開窯し、窯ごとに独自の特徴を活かした作品をつくっているところにあります。
有名なのは、赤色の彩を全く使わない吉田屋窯の【青九谷】と宮本屋窯の赤絵金彩の【赤九谷】が挙げられます。 これらの【窯】ごとの特徴の違いがブランド食器のシリーズの違いのようなものです。

そして、九谷焼とは一括りに言っても、価値は様々です。 中でも特に価値が高いのは「古九谷」と言われる九谷焼のなかでも古くに生産されたもの。 それと他の和食器と同様に「作家物」の九谷焼です。徳田八十吉や吉田美統のような人間国宝の九谷焼となると大変高い価値があります。

ですが歴代の有名作家の九谷焼は贋作も多く出回っているので、必ずしも高く売れると言う訳ではありません。 有名作家の九谷焼の品物を持っているのであれば、きちんと鑑定ができる食器買取業者に依頼をしなければ騙されてしまう可能性もありますので注意して下さい。

  • 九谷焼の品物
  • 大皿
  • 徳利
  • 茶碗
  • 猪口
  • 徳利
  • 花瓶
  • 吉田美統
  • 徳田八十吉
ページ上部へスクロール