食器買取業者徹底比較!

輪島塗買取をお考えの方必見!
とにかく輪島塗を高く売れる業者を紹介します!

輪島塗買取におけるおすすめの食器買取業者。

輪島塗買取におけるおすすめ食器買取業者

石川県の伝統工芸品【輪島塗】の買取で、食器買取福ちゃんをお勧めする理由をご紹介します!【輪島塗】のみに絞って、一番におすすめ出来る食器買取業者を紹介しますので、他の和食器やアンティーク食器、ブランド食器のおすすめ食器買取業者はトップページを御覧ください。

他にも、福ちゃんに関する「輪島塗の買取に関する口コミ」もピックアップして紹介していますので参考にしてください。


輪島塗買取で【食器買取福ちゃん】がおすすめな理由

私が今回買取依頼した輪島塗の品物は取り皿、お椀セット、重箱、茶道具の棗でしたが、これらの輪島塗食器に関して高く買い取ってくれたのは食器買取福ちゃんでした。

輪島塗以外の食器も大量にまとめて買取依頼をしたことも高価買取の一因かもしれませんが、福ちゃんでは骨董品の買取もかなり専門的かつ積極的に行っているというのが輪島塗の高価買取の理由かと思っています。輪島塗の買取価格は他社よりも概ね5割程度は高い価格で買取してもらえました。

輪島塗は食器ですが骨董品としても側面も強いので、食器買取福ちゃんのように骨董品としても食器としても高いレベルで買取ができると言うのは非常に大きなアドバンテージと言えますね。現に、棗に関しても他の買取業者より高めの買取価格で買い取ってくれましたので!

和食器やアンティーク食器の買取に強い日晃堂も買取価格や輪島塗の査定基準など、買取査定の面でも十分おすすめ出来ますが、福ちゃんはこれに加えて査定員の対応もとても親切で初めての方でも安心できる雰囲気でしたのでその点も印象深かったのでおすすめしています♪

輪島塗買取に関する福ちゃんの口コミを抜粋

輪島塗「煮物椀」などを買取してもらいました

母宅の整理整頓を手伝いに久々に田舎に帰ってみたら、物の多さに唖然…。食器類やガラス製品など、ひとつひとつの処分は手間が掛かるとのことで、長年箪笥の肥やしになっている物が多かったのでした。特に食器が多かったので福ちゃんに買取してもらいましたが、 スタッフの方も親切で査定もしっかりしており、山のようにあった買取予定品をあっという間に査定していただけました♪
何より驚いたのは、食器の中に価値があるものが多かったということ。西洋アンティークのお皿にも予想以上の買取価格がつきましたし、何より輪島塗の椀のセットに驚きました。聞くと、有名な蒔絵師さんと塗師さんが作られた品だそうで、かなり価値が高いとのこと。福ちゃんに頼まなかったらそのまま捨てていたと思うと、本当にラッキーでした!

輪島塗「夫婦椀」などを買取してもらいました

食器数点の査定で5社間で相見積もりを取りましたが、例えばエルメスなど有名ブランドのプレートだとなかなか良い買取価格になるのですが、和食器はなかなか査定が難しいみたいですね。和食器の査定が一番きちんとしており、かつ買取価格が高くて良かったのが福ちゃんでした。出張査定も完全無料ですし、査定担当の方も細かな気配り等が凄く上手で、教育が徹底されていると感じました。
輪島塗は、真贋は不明ですが恐らく浦出稲舟の作品でしたので、買取価格は期待していました。作家さんや作品に関する知識もしっかり持っておられる方に対応していただけて、買取価格も十分、心より満足致しました。

輪島塗「吸物椀」などを買取してもらいました

自宅の大量の食器を処分したく、福ちゃんにお願いしました!福ちゃんは以前も利用したことがあるのですが、買取価格・対応ともに良かったのがとても印象的で、機会があればまた積極的に利用したいと思っていた買取業者さんでした。
今回は、引き出物で貰ったたち吉のお皿や、勿体なくて使えないマイセンカップ、あとは価値が分からない備前焼や輪島塗などの和食器類を査定してもらいましたが、今回も期待以上の買取価格でした♪和食器は価値が分からない沢山の品を査定してもらったので、価値が高い物・低い物と混在していましたが、特に輪島塗と備前焼に、その道ではとても有名な作家の作品があったらしく、高価買取になりました!ブランド食器だとロゴがあるので価値を調べることは出来ますが、和食器は全然知らなかったので、買取価格に本当に驚きましたね。


福ちゃんが買取している輪島塗の食器例

  • 慶塚漆器

    「慶塚漆器」の工房は石川県輪島市にあり、輪島塗の伝統的な技法を忠実に守り続けた美しい作風が特徴です。慶塚漆器工房が開かれたのは大正8年と歴史ある工房で、分業制が当たり前の輪島塗の中でも、今でも下地から上塗りまでの全工程を一貫して作り続けています。
  • 曽我路幸

    輪島塗は石川県の伝統的な工芸品で、その技法もとても貴重で、重要無形文化財に指定されています。輪島塗には100以上もの工程がありますが、その中でも数多くの工程が手作業にて行われています。「曽我路幸」は輪島塗の作家のひとりで、季節を感じる風流な品、高貴な祝膳なども手掛けています。
  • 棗・茶道具など

    買取対象となっているのは、輪島塗の食器だけではありません。輪島塗の見目麗しい沈金は茶道具にもよく似合い、特に、抹茶を入れるのに使う木製漆塗りの”棗”などは数多く作られました。華やかな蒔絵を用いた茶道具は書院造りでの茶会に合わせるために作られたとされています。

当サイトを参考に輪島塗を売った方からの声

はじめまして。
初めて食器買取を依頼でしたので不安でしたが、あなたのサイトを見つけ参考にさせていただいたおかげで、安心して買取を行う事ができました。
素晴らしいサイトを作って頂きありがとうございました。
これからも頑張ってください。
ありがとうございます!
あなたのサイトのおかげで輪島塗の食器を満足できる価格で売る事ができました!
騙されたらどうしようと不安でしたので、本当に助かりました!

ブランド食器輪島塗について

まず、漆器とは木や紙といった素材に漆を塗り重ねる事で作る工芸品であり、家具や飾り、アクセサリーや食器と用途は多岐に渡り、 価格帯も安価なものから高級品まで非常に様々です。

そして、数ある漆器の中でも【輪島塗】と呼ばれるものは、石川県輪島市で生産される漆器であり、 厚手の木地に伝統的な技法を施したものを指します。

その技法から、輪島塗の製品は数ある漆器の中でも非常に丈夫という特徴があります。
現在確認されている輪島塗で最も古い製品は室町時代に作られたものとされており、本格的に一般向けに輪島塗が広がり始めたのは江戸時代からと言われています。

この事からも輪島塗は非常に歴史の長い漆器と言え、年代物の輪島塗の漆器製品は非常に高い価値で取引されているそうです。 また、輪島塗は石川県の伝統工芸品にも指定されており、日本で最も有名な漆器と言っても過言ではありません。

ページ上部へスクロール