食器買取業者徹底比較!

ノリタケ買取でおすすめの買取業者はコチラ!
ノリタケを高く売るならここがおすすめ!

ノリタケ買取におけるおすすめの食器買取業者。

ノリタケ買取におけるおすすめ食器買取業者

数あるブランド食器の中でも【ノリタケ】の食器に関して、食器買取福ちゃんがおすすめな理由をまとめて紹介します。過去に様々な買取業者にブランド食器ノリタケの買取査定をお願いした実体験を基に、厳選して選んだ食器買取業者です!
ノリタケの食器を高く・満足に売りたいのであれば、食器買取福ちゃんがオススメです!

また、福ちゃんに対する「ブランド食器ノリタケの買取に関する口コミ」もピックアップして紹介していますので参考にしてください。


ノリタケ買取で【食器買取福ちゃん】がおすすめな理由

ノリタケ買取であれば食器買取福ちゃんがおすすめです!
ノリタケに関してはかなりの種類と数の買取をお願いすることになりましたが実際にノリタケの買取価格は、他の食器買取業者の倍以上、高い価格を付けてくれる食器買取業者と比べても、2~3割前後高い買取価格でした!

アンティークであるオールドノリタケはもちろんの事、「クラフトーン」「ダイヤモンドコレクション」といった代表シリーズ、「ボーンチャイナ」や「ファインポーセレン」といった素材の違いも問わず、ブランド食器ノリタケの買取ならば食器買取福ちゃんの買取水準はかなり高かったです!

また、ノリタケの買取に強いからこそ状態が悪いノリタケの食器でも、それなりに良い価格で買い取ってくれるところもおすすめポイントですね♪福ちゃんは現行のノリタケ食器だけでなく、オールドノリタケなどアンティーク食器にも強いので「これ売れるかな?」といった古いノリタケの買取も安心して任せることが出来ます。

ノリタケ買取を検討されているのであれば、食器買取福ちゃんは非常におすすめの買取業者です!

ノリタケ買取に関する福ちゃんの口コミを抜粋

ノリタケ食器のコレクションを買取してもらいました

これまでノリタケの食器はリサイクルショップで売っていましたが、買取金額に満足したことがなく「こんなものか」と思っていました。ネットで評判が良いと知り、試しに買取福ちゃんを利用してみましたが、リサイクルショップの倍以上の買取金額をつけてくれました!やっぱり専門的な業者さんは違いますね。
買取金額にも満足なうえ、査定も丁寧、従業員も親切で、食器の流行の話やノリタケトークなどで盛り上がりました!また売りたい食器があれば利用したく思います。

ノリタケのイヤープレートを買取してもらいました

引っ越しを機に、沢山の食器を断捨離中です!ノーブランドの食器は未練なく処分出来たのですが、やはりブランド食器は捨てることが出来ませんでした。 誰か欲しい方が使ってくれれば嬉しいと思いましたし、お金になるなら!と思い、食器買取で有名な福ちゃんに買取依頼を出しました。 買取価格がかなり良くて、さらに査定員さんも親切で、予定にないものでも「これ買取れる?」と聞いてもすぐに答えてくれるので、あれもこれもと沢山売っちゃいました!(笑)
大切にコレクションしていたノリタケのイヤープレートも高く買取してもらえたので、大満足です♪ ただ最近人気の買取業者なので、予約が埋まっている日もあり、希望日のある方はなるべく早くに予約しておくことをおすすめしたいです。

ノリタケのフィギュリンを買取してもらいました

ノリタケやリヤドロのフィギュリンが大好きで、色々集めてきましたが、急な出費があったので少し手放すことに。買取価格の高さで吟味して業者を選び、福ちゃんに決めました。 相見積もりの出張には、実は他にも一社来てもらっていたのですが、福ちゃんの買取価格の方が圧倒的に良かったです。質問などにも親切に答えてくれますし、何より食器の価値をベースに買取価格を決めてくれるので、食器好きとしては非常に信頼できる買取業者です。
個人的には、社名など入っていない大人しい普通車で買取査定に来てくれたのも好印象です。実は近所の目がちょっぴり気になっていたので、悪目立ちすることなく本当に助かりました。


福ちゃんが買取しているノリタケシリーズ例

  • クラフトーン

    クラフトーンシリーズは、ノリタケの中でも定番人気のロングセラーシリーズでしたが、現在は廃盤となっており、希少性が高まっています。青い花柄の8709シリーズやカントリー調のアニーベリーなど、多彩な絵付けも人気です。
  • ダイヤモンドコレクション

    ノリタケの中でもハイクラスなシリーズに位置するのが「ダイヤモンドコレクション」で、白磁の白さと美しさに定評があります。ダイヤモンドコレクションは1979年~2000年にかけて販売されていましたが、こちらも現在は廃盤になってしまっています。
  • オールドノリタケ

    ノリタケの中でも高い価値を秘めているのが、ノリタケのアンティーク品「オールドノリタケ」です。ノリタケの前身である日本陶器合名会社が西洋やアメリカに向けて輸出していた製品で、大体1884年〜1945年までの品を指します。
  • ジブリ

    ノリタケは「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「崖の上のポニョ」など、ジブリキャラクターの食器も製造しており、大変人気の高いシリーズになっています。特にトトロのイヤリープレートは、毎年異なるデザインが高い評価を得ています。
  • ヨシノ

    ノリタケの「ヨシノ」は、1931年発売の”シリル”が基となった食器です。桜の名所である奈良県・吉野の名がつけられており、日本ならではの風情ある洋食器へと仕上がっています。高品質のボーンチャイナと上品な唐草模様が合わさった、ノリタケブランドの定番食器です。

当サイトを参考にノリタケを売った方からの声

ノリタケのおすすめ食器買取業者を探している時、このサイトを見つけました♪
お勧めするに福ちゃんに依頼しましたが、とっても高い買取価格で満足です(*^-^*)
良い買取業者を教えてくれてありがとうございました♪
ありがとうございます。あなたのおかげで良い取引を行えました。
ノリタケのコレクションがとてもたくさんありましたので、高く取引が行えて本当に助かりました。
是非これからも、他のブランドのお勧めの食器買取業者を教えてください。

ブランド食器ノリタケについて

「ノリタケ(noritake)」とは愛知県に本社を置く、日本でも屈指の知名度を誇る食器ブランドです。

そのシリーズは多岐に渡り、伝統的なモチーフの食器からフィギュリンのような磁器人形、ジブリのキャラクター・トトロまで幅広く展開があり、何百万円単位の高級食器から、大切な人へのギフトとして適性な価格の品まで多数のラインナップを誇ります。
新作や毎年発売されるイヤープレート(イヤリープレート)が注目される反面、古いノリタケの食器「オールドノリタケ」まで人気があり、まさに日本食器の雄といえるブランドです。

オールドノリタケは明確な定義はありませんが、一言で言うと「ノリタケの中のアンティーク」です。
ノリタケの前身・日本陶器合名会社、もしくは森村組が製造を行っており、完成した品々はヨーロッパやアメリカ等、海外へ向けて輸出されていました。 その中でも"オールドノリタケ"と呼ばれる品は大体1884年〜1945年までの品を指し、純金に近い金彩を用いての豪華な色どり、全てハンドペイントの味がある絵付けなどで人気を博しました。

オールドノリタケはアンティークとしても芸術性が非常に高い事から、骨董品愛好家からも高い評価を受けるコレクターアイテムです。 その人気の高さから、アールヌーボ様式、アールデコ様式、特徴のある技法が様々ございますが、技法や様式を問わず状態の良いものは高い価格で取引されています。

ページ上部へスクロール