食器買取業者徹底比較!

食器を高価買取してもらう3つの法則!
簡単な事だけで食器を高く売れる!

  1. 食器を高く売る方法
食器買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

食器買取において高価買取のコツ

食器買取と悪徳業者

食器買取においては食器を高く売る為の3つのコツがあります。
そして、それらのコツは食器買取においてはかなり実践が容易ですので、是非とも実践するようにしましょう!

では、まず食器を高く売る為のコツは主に次の三つです

  • 相見積もりをとる
  • 買取方法は店頭買取以外を選択する
  • 付属品を集めて、品物を綺麗にする

食器買取においてはこれらの方法を実践するかが非常に重要です。
そして、食器買取においてこれらの方法を実践する事は非常に容易というメリットがあります!
では、その実践方法と重要性について詳しく説明していきます。

相見積もりをとる

相見積もりをとる

相見積もりは高価買取においては必須の行為です。
ですが、相見積もりは様々な業者に査定をしてもらわなければならない為、かなりの手間と労力が必要かと思われますが食器買取においてはそうではありません。

何故かというと、食器買取において相見積もりは
画像付きメールで問い合わせをする
たったこれだけで良い為非常に楽なのです。

嘘かと思われますがこれにはかなり合理的な理由があり、私自身が非常に大きな効果を実証しています
その理由も併せて具体的にご説明していきます。

まず、初めにメールをする理由ですが、
悪徳業者は基本的な対応がまともではありません。
その為、メール対応でその業者が悪徳かどうかの判別ができます。

そして、確認するポイントは次の二点だけで大丈夫です。

  • 1:返信まで要した時間
  • 2:返信内容の文章構成
まず、返信までに要した時間は【送信してから2日以内に返信があるかどうか】で判断します。
私の場合、メール問い合わせに対して二日以上返事がない業者はひどい悪徳業者でした。
2日以内に返事がなければ、その業者はそれ以上連絡を絶って構いません!
※二日以内と言いましたが、休みの日は除いての日数です。

そして、文章構成に関しては難しく考えずに【最低限のマナーは守られているか】が重要です。
【単純な誤字脱字が酷い】や【「様」をつけ忘れている】【日本語が明らかにおかしい】等です。
まともな文章が書けない買取業者なら、上記と同様、まず悪徳業者と考えて構いません!

「サイトでは高価買取を派手に謳っているから、とりあえずお願いしようかな・・・」
このような考え方は非常に愚かな考えなので捨てて下さい!
正に当時の私と同じ考え方です!

当時、私もサイトで派手に【食器を高価買取します!】と書いてあったので、返事の遅い、もしくはない業者に私から電話をしてまで依頼をしましたが 結局は時間の無駄でした。
むしろ、ストレスが溜まるような悪徳な対応をされますので、やめておきましょう。

サイトはあくまでも買取業者を知る為のツールの一つにすぎません。
綺麗なサイトかどうかも非常に大切な判断材料ではありますが、やはり大切なのはスタッフや会社としての信頼性ですので、実際の対応で判断しましょう。

私の経験上からですが、たったこれだけの確認で、悪徳業者の選別には効果てきめんです!
私がトップページで紹介しているおすすめ食器買取業者でもスタッフの質はバラバラですので確認は行っておきましょう。

そして、和食器やブランド食器の査定は、画像とブランド名を送るだけでほぼ正確な査定が可能です
その為、【ブランドとモデル名】と【写真】を一度用意すれば、同じものを各買取業者のサイトから送信すればそれだけで相見積もりは完了です。

後は各業者からの返事を待ち、高額な査定を提示した二社に実際に出張査定にきてもらい、どちらに売るかを決断するだけです。
ここで、気を付けたい事は、少なくとも二社には実際に食器をみて査定してもらう方が良いと言う点です。

メールでの査定金額は上下する事がありますので、メール上は高くても実際はそこまで高くないという事があり得るからです。

そして、品物が多く写真を撮る事が大変な場合は、まとめて数枚の画像を用意し、どのブランドの食器が何点程度あるかを送信すればOKです。
ちなみに、私は段ボールで10箱分は買い取り依頼しましたので、画像はまとめた状態で送りました♪

買取方法は店頭買取は選ばない

店頭買取はおすすめしない

食器の高価買取の為には極力【店頭買取を選ばない事】をおすすめします。
食器買取において店頭買取は【買取業者主体】の買取方法だからです。

食器は重量があり割れ物ですので、持ち運びが大変困難です
その為、売り手側は店頭を梯子する行為自体が困難ですので買取業者も強気な(価格が低い)査定をしやすいのです。

更に、店頭買取の場合は買取を断る事で買取業者に負担は一切ありません。 一方、宅配買取や出張買取の場合は出張費用や郵送料/返送料など、全て業者が負担する為買取が不成立に終わると買取業者は費用しか発生しない為、 ギリギリの価格でも買い取ろうとしてくれるのです。

極端な話、査定価格に不満な表情をしているだけで買取業者から査定価格を挙げようとしてくれます。
ですので、できるだけ高く買取をお願いしたいのであれば、店頭買取以外を選ぶことをお勧めします!
店頭買取について詳しくはコチラをご覧ください

付属品を集めて、品物を綺麗にする

悪徳買取業者の営業マン

これだけは確実に言えます。
どのような付属品でもマイナスはありません! ですので、どんなものでも付属品はあれば残しておきましょう!

食器買取においても売りたい食器に共箱や袋、カードなど付属品が残っていれば、必ず査定の時に一緒に提示しましょう。
そうすれば、買取価格にプラスはされても、絶対にマイナスになる事はありません!

そして、もう一点は売りたい食器が未使用でなく汚れていたら綺麗に洗う事です。
特にアンティーク食器骨董品である和食器であれば埃をかぶっていたり、くすんでいるので、水で表面の汚れを洗い、柔らかい布で水気を拭いておくと言いでしょう!

汚い状態よりも綺麗な状態の方が査定価格はかなり高くなります!
ですが一つ注意点があります。
特に骨董品やアンティーク食器で絵付けが施されている食器がくすんでいる場合は、無理にこすって汚れを落としてはいけません!

古い食器の装飾は非常に剥がれやすく、傷つきやすいものが多いので無理にすると逆に価値が下がってしまいます。
ですので、食器の洗い方は表面を水でながし、柔らかい布で水気をとり、自然乾燥する程度に収めるのが良いです。

これだけでも食器の買取価格は大きく変わってきますので、食器買取を検討する際は是非実践して下さい♪

ブランド食器の概要

  • マイセン…ドイツのマイセン地方で生産される磁器食器の総称。二本の交差した剣がトレードマーク
  • ノリタケ…日本国内でも屈指の洋食器ブランド。ノリタケの白磁器は世界でも強い人気があります。
  • ロイヤルコペンハーゲン…イヤープレートと言えばロイヤルコペンハーゲンが代表的です。
  • ロイヤルアルバートロイヤルアルバートは【最も英国的な食器】として世界で愛されています。
  • ロイヤルクラウンダービー…世界の王侯貴族から愛される食器がロイヤルクラウンダービーです。
  • ロイヤルドルトンロイヤルドルトンはイギリスにおいて最大級の規模を誇る陶磁器メーカーです。
  • バカラ…フランスにあるクリスタルガラス製品を製造するメーカー。バカラのグラスは世界的に人気
  • リーデル…オーストラリアに創立されたグラスメーカーリーデル。250年以上の歴史を誇る。
  • ウェッジウッド…イギリスの陶磁器メーカーで、ウェッジウッドは世界でも最大級の陶磁器メーカー
  • クリストフル…フランスの銀食器メーカー、クリストフルのシルバーカトラリーは日本でも高い人気
  • エインズレイ…イギリスでも有数の洋食器ブランド、エインズレイのフローラル(陶花)は非常に人気
  • エルメス…世界的ファッションブランドですが、エルメス食器のデザインには熱狂的なファンがいる
  • ティファニーティファニーは世界的に有名な宝飾品ブランド、ブルーボックスは非常に人気
  • リヤドロ…スペインが誇るポーセリンアートメーカー。リヤドロのフィギュリンは世界的にも人気
  • ナルミ…ノリタケに続く国内洋食器ブランドシェア第二位。ナルミのボーンチャイナシリーズは人気
  • 大倉陶園…日本国内で最高峰の洋食器メーカー。大倉陶園の「ブルーローズ」は非常に人気
  • 香蘭社…九州で設立された初めての法人企業。香蘭社は有田磁器への絵付け、染付は大変人気が高い
  • アラビア…フィンランドを代表する陶磁器メーカーで、アラビアと言えばムーミンシリーズで有名
  • アウガルテンアウガルテンは女帝マリア・テレジアに認められた、ヨーロッパで二番目に古い食器
  • ミントン…イギリスの食器メーカーで、ミントンの食器はヴィクトリア女王から賛辞を得ています。
  • イッタラ…フィンランドを代表する陶磁器メーカー、イッタラは時代に沿った機能性の高さが特徴
  • ヘレンド…ハンガリーで生まれた食器ブランド。ヘレンドの食器は世界中の貴族から愛されている。
  • ファイヤーキング…アメリカ初の食器ブランドでファイヤーキングは耐熱ガラスが非常に特徴的。
  • ラリック…フランスで創業したクリスタルブランドメーカー。ラリックの香水瓶は非常に人気が高い
  • ローゼンタールローゼンタールは1879年にドイツで誕生した陶磁器メーカ
  • ルクルーゼ…フランスで創業した鋳物製品メーカー。ルクルーゼのホーロー鍋は世界で人気が高い
  • たち吉…京都発祥の日本有数の食器メーカー。たち吉の和食器は大変人気
  • 有田焼…日本でも有名な和食器、有田焼は佐賀県有田の地域周辺で作られた陶器の総称
  • 古伊万里…比較的古い時代に作られた伊万里焼を古伊万里と言い、価値は非常に高いです。
  • 備前焼…岡山県の備前の地域一帯で作られる和食器。備前焼は六古窯のひとつでもあります。
  • 九谷焼…石川県南部で生産される食器の総称。九谷焼は彩法が特徴的な和食器
  • 萩焼…山口県萩市一帯で生産される陶器の総称。萩焼は【茶人に好まれる器】と称されている。
  • 輪島塗…石川県輪島市一帯で生産される漆器の総称。輪島塗は日本で最も有名な漆器の一つです。
  • ブランド食器リスト
  • マイセン
  • 香蘭社
  • ウェッジウッド
  • ティファニー
  • アラビア
  • リチャードジノリ
  • リヤドロ
  • イッタラ
  • ロイヤルドルトン
  • ローゼンタール
  • 大倉陶園
  • ロイヤルクラウンダービー
  • ナルミ
  • ルクルーゼ
  • ロイヤルコペンハーゲン
  • マイセンクリスタル
  • エルメス
  • ラリック
  • ノリタケ
  • エインズレイ
  • ロイヤルアルバート
  • ミントン
  • リーデル
  • ファイヤーキング
  • ロールストランド
  • リモージュ
  • クリストフル
  • ヘレンド
  • バカラ
  • アウガルテン
  • たち吉
  • 和食器リスト
  • 有田焼
  • 古伊万里・伊万里焼
  • 九谷焼
  • 益子焼
  • 備前焼
  • 砥部焼
  • 万古焼
  • 京焼(清水焼)
  • 上野焼
  • 三川内焼(平戸焼)
  • 丹波焼
  • 越前焼
  • 小石原焼
  • 赤膚焼
  • 唐津焼
  • 大樋焼
  • 美濃焼(志野焼)
  • 輪島塗
  • 高取焼
  • 萩焼
  • 萬古焼
  • 伊賀焼
  • 信楽焼
  • 瀬戸焼(赤津焼)
  • 常滑焼
ページ上部へスクロール